物損事故


物損事故とは

物損車事故イメージイラスト

交通事故を分類する場合は、追突事故や正面衝突事故など、発生の状況により分類する方法もありますが、道路交通法や保険に関係する分類として「物損事故」と「人身事故」に分けられます。

「物損事故」は “ものが壊れた”場合、「人身事故」は“人が怪我をした”場合という単純な判断での分類になります。

「物損事故」は、ものは壊れたが人には怪我がなかったという状態の事故をいいます。

車や電柱、民家など「もの」は壊れてしまった、しかし、怪我人がいなかった場合が物損事故となるのです。

物損事故であっても、警察への通報を怠ってはいけません。

怪我がないからといって、絶対にその場で当事者同士の示談ですませるべきではありません。

その事故は物損?人身?

物損事故では基本的に自賠責保険は使えません。

保険会社は軽微な事故であっても人身事故として扱おうとする傾向が強いようです。

しかし、警察のほうでは、打ち身程度の怪我の事故の場合は、物損事故の方向で処理しようとする場合が多いようです。

安易な形で判断するのではなく、現実をよく見極めて物損だけの事故なのか、人身事故ではないのかをしっかりと判断することが必要です。

事故後に体に痛みが出てきたら、どうしたらいいの?

施術写真

物損事故となってしまったけれど、数日が経過した後に体に不調が出てきたという場合があります。

このような場合には、物損事故から人身事故へ切り替え手続きが可能です。

「あの事故からどうも首が痛い気がする」「あれから腰が重くて仕方ない」と、事故当日は興奮もあって痛みを感じなかったのに、日がたつにつれ体に痛みやしびれなどの症状が出てくることは珍しいことではありません。

物損事故になってしまったから、もう諦めるしか無いのかと思う必要はありません。

まずは病院に行き、検査診断をしてもらいましょう。

お力になります!

物損事故では、加害者が賠償する範囲は原則として車が対象となります。

つまり、衣服やメガネが傷んでも、賠償されない場合が多くあるのです。

人身事故では、治療費、慰謝料、遺失利益、通院交通費なども請求できますから、賠償金は物損事故よりも多く認められるということです。

事故の際、物損事故として処理されたら、事故で受けた怪我の治療も自費となる場合が大半です。

しかし、物損事故であっても「自賠責保険」の適用ができる可能性もあります。

また、人身事故に切り替えたいのになかなか事故証明がとれないという状況の中でも、整骨院では保険適用の施術を行うことも可能です。

熊本市の整骨院元グループは、交通事故に強い整骨院です。

たくさんの事例を経験しているので、様々な状況に対応可能です。

専門家による事故相談も行っていますから、不安なことがあれば、なんでもご相談ください。

大事なのはあなたの体と心!

スタッフ集合写真

怪我人のいない物損事故であっても、交通事故は交通事故。

事故を経験してしまうと、かなりのストレスを感じることになります。

ましてや物損事故となった後に体の不調を感じると、いろんなことを考えてしまい、その結果「自分さえ我慢すれば」と泣き寝入りしがちです。

しかし、交通事故による体の不調には正しい治療や施術を行わないと、後遺障害となってしまう場合もあるのです。

衝撃で体に歪みが生じてしまったことに気づかずに生活しているうちに、痛みやしびれが起こるということもあるのです。

事故が起きたら、単なる物損事故と思われる事故であっても、しばらくの間は自分の体をしっかりと観察することが必要です。数日経ってからでも首が痛い、腰が痛いと感じることがあれば、事故によるものかもしれません。

何よりも大切なのは、あなたの体と心です。

私たちは、事故の諸問題の解決を手助けさせていただくことで患者様の不安を軽減し、体調の回復に専念できるような環境づくりをいたします。

どうしたらいいのだろうと一人で悩まずに、熊本事故治療.comにご相談ください。

▲ページトップへ戻る

スタッフブログ

宇城松橋院

宇城松橋院 院の紹介はこちら

〒869-0511
熊本県宇城市松橋町曲野2319-3

くまなん院

くまなん院 院の紹介はこちら

〒860-0834
熊本県熊本市南区江越1丁目9-18

光の森院

光の森院 院の紹介はこちら

〒869-1108
熊本県菊池郡菊陽町光の森7丁目3-3